クスコで芋づくし

0

     

    クスコを離れる日の昼、丘の上のレストランに行ってみました。
    パチャパパというレストランで、芋の食べ比べができるメニューがあるのです。

    フォト

    ※ じゃがいも・とうもろこしはこのあたりが原産です。

    元々(今も?)さつまいものことをケチュア語でpapaと呼んでいるようです。
    地元の人が口癖のように「pacha mama」と言うのは「母なる大地」に感謝の意味。

    メニューは西英併記ですが、どれが食べ比べかわからず尋ねると、
    見開きのメニューの左上、一行目がまさにそれでした。

    フォト

    芋好きにはたまらない一皿。素揚げです。
    何種類あっただろうか・・・母と半分ずついただいてもお腹いっぱい。
    細長いお芋の下に丸っこいのが隠れてますからね・・・
    とってもクリーミーで濃厚なお芋には感動しました。

    店内には大きなピザ窯もあったので、
    シンプルにマルゲリータもオーダー。
    このランチのあとは12時間のバスの旅なので飲んじゃいました。
    こちらもペルー名物、ピスコサワー。

    フォト 

    高地ではアルコールはいかんいかんとずっと我慢していましたが、
    クスコに入った日からペルービールもペルーワインも飲んでいました。
    クスコ3400mほどですが、プーノ3800mから下ってきたからまぁいいかなと。
    ビールはそこそこの味でしたが、ワインおいしかったですね!

    フォト
     
    X脚なのか後姿が妙にセクシー。
    お肉いただいたけどおいしかったわ・・・