ルアンプラバン

0

    ベトナム同様フランスの植民地時代があるのでフランス風味たっぷり。
    ゲストハウス、カフェが立ち並び、欧米人が昼からビアラオで談笑。

    ハワイでまったりする選択肢もあるけど、
    どうせまったりするならこういう街が好きだ。

    評判のフランス料理屋は予約でいっぱいなのに翌日無理して入れてくれたり、
    かと思えばラオス料理をワインでいただいたり、屋台で食べ歩きしたり・・・



    これ最高においしかったの。
    レモングラスが刻んで入っているハンバーグ&ビアラオ!

    そして、注文してから作り始めるパパイヤサラダ。
    まずはサラダのドレッシング作り、たっぷりライム。



    ラオスはなにしろ料理がおいしい。
    日本人の口に合う、タイ・ベトナム以上!

    日中は・・・ボートで洞窟行ったり、観光客用に作ったような焼酎工場行ったり。
    ゆるくゆるく、カフェをはしごして、サウナ行ってマッサージ行って。

    サウナ、お勧め。
    日本だと消防法とかでひっかかりそうなくらいむくむくのスチームサウナ。

    カムスパの正面の路地を進んで左に曲がると右手2階にあるところ。
    どくだみやレモングラスの葉っぱ、ハーブの粉末なんかを使っている。

    男女別だけれど脱衣所からの移動があるので巻物をいただく。
    下は裸でも水着でも下着でもびしょびしょになっても構わないもので。
    巻物レンタル、どくだみ茶みたいなもの、含んで15000K(170円)
    毎日行きたい・・・と言いつつも22:30には閉まっているご様子。

    こんだけのんべえ天国なのに意外に夜が早くてねこの街。
    それとゲストハウスに門限があるところが普通みたいでみんな困惑。

    この街でスマホを置き引きになってしまい・・・
    街やカフェの雰囲気がないのが残念。

    ルアンプラバンの朝の托鉢の風景。