母親教室

0

     

    17w3d (5ヶ月)

     

    通院している産婦人科の母親教室なるものに参加しました。

     

    高齢出産、また最初で最後の妊娠&出産であるだろうわたしたち夫婦は、

    こういったイベントものにはすべからく参加しようぜという意気込み。

     

    妊娠初期の妊婦が対象のため、話題も「つわり」「腰痛」「便秘」

    なにもないわたしには、あまり意味のない時間でした。

     

    しかしこのフルコンボでげっそりの妊婦さんもおり、

    他人事ながら「大変そうやね...」と。

     

    唖然としたのは助産師が「便秘の人」と挙手させて、なにか工夫しているかと尋ねたこと。

    手を挙げた8人ほどが「なにもしていません」と回答。「だろうね...」としか言えない時間。

     

    時間の無駄ってこういうことじゃ...

    便秘じゃない人は体質の人もいるけど努力してる人もいるんだからそっち聞きなよ...

     

    てか、わたしに聞きなさい! (笑)

     

    わたし、脳が作られるとされる6-8週目あたりから、

    毎朝フルーツジュース飲んでいます。

     

    というのも...

    「えーーーこんな早くから脳って作られるんだ!」

    「頭がいい子になるには何を摂取すればいいんだろう」

    「Googleせんせーい!!!」

     

    この結果がフルーツジュース(スムージー)です。

    一人飲み切りサイズのジューサー?ブレンダー?なるものを購入。

     

    主要フルーツはバナナ・キウイ・小松菜、これにもうひとつ果物。

    牛乳ときなこを入れてガーーーやるとすぐできます。

     

     

    写真は田舎からさくらんぼが送られてきたときの初夏ver.

    一番よくプラスワンで使っていたのはピンクグレープフルーツでした。

     

    始めたころは良質のたんぱく質をと豆乳を使用していましたが、

    カルシウムもたっぷり欲しいということになり母に相談すると、

    実家では毎日ヨーグルトにきなこをかけているとの話で、

    牛乳&きなこを採用することになりました。

     

    始めて3週間目にはレシピはほぼ固定。

    これがずっと続いています。

     

    妊娠前から3日以上出ないことはないわたしでしたが、

    出張でブレンダーを持ち歩けない時期はツラかったですね...

     

    出張を終え、自宅でフルーツジュース生活を再開させるとすぐに改善されますし、

    このおかげで便秘知らずでいられたなぁと感謝しています。

     

    小松菜は葉酸補給。

    (同僚のすすめ)

     

    朝が苦手なわたしでしたが、子のためならできるもんですね(笑)

    しばらく、このジュースとノンカフェインのコーヒーで朝は終了。

     

    もちろん仕事中も水分補給でホットルイボス茶。

    すべてが便秘のない生活に作用してくれたのかなと思います。

     

    なにもしないで「便秘だ便秘だ」と医師に便秘薬を処方してもらっているそこのママさん。

    情報収集して工夫と努力しましょうよ。って感じです。