高増温泉(青森県) ★★★

  • 2017.05.18 Thursday
  • 18:00

 

弘前市から青森空港へ戻る途中少しだけ時間があったので立ち寄りました。

なんとなくいい温泉かパワースポットがあればいいなとググった結果です。

 

なので事前の情報もなしに訪れた高増温泉。

外観はこんな感じでりんご畑の中にあります。

 

 

見よ、この軽トラ率の高さ!!

 

玄関を入ると売店におじいさんがいます。入浴料400円。

明るい顔の明るいお声でなんだか嬉しくなります。

 

奥に進むと男女別の内湯。

P型の浴槽がひとつと奥に不動明王さまが鎮座しておられます。

 

「あいかわらず青森県内の共同湯のタイルはすばらしい」

またここでも床と壁のタイルにひとしきり心奪われます。

 

薄茶透明の湯はまぁよくある湯だしと期待もせずにタイルばかり見ていたところ、

自分の体が非常に細かな気泡に包まれていることに気付きました。

 

「まさか...」と泡の噴出口を探しました。これ本気です。

エステやスパにありがちな高濃度炭酸泉と見紛うような、

それほど細かな気泡が見事に体全体を纏うのです。

天然温泉でこれほどの経験した記憶がなかったものでつい。

 

どこにも噴出口はなく、ただフレッシュな源泉が注ぎ込まれるのみ。

まるで気泡の全身タイツ(キャッツアイ風)です。

 

キャッツアイに考えが至ったところで不動明王と目が合いました。

煩悩を断ち切ってくださるお不動さまがなぜこちらに...

 

煩悩...煩悩...煩悩...

 

あとで売店の元気なおじいさんに聞いたところ、

「みんなの健康を守ってくれるためだよ」ですって。

 

またいい湯っこに出会ってしまいました。

 

さて、高増温泉のすぐ横には高増神社があります。

ググったところ子宝を授かるというではないですか。

 

まずは手水...

ここのお水、お隣の温泉の味がする...

 

 

社務所に人の気配も無く、境内に多くの建物があるので、

スマホ片手にふらふらと散策してみましたが...

 

 

ここが噂の薬師堂のようです。

閉まっているので外から参拝しました。

 

なんでも中に男女の神様がいらっしゃり、

女神様のお腹を触ってから拝むとよいとか...

 

 

薬師堂のすぐ目の前の木(新緑だけどしだれ桜かしら)には、

たくさんのおみくじが結んであります。叶うといいですね。

 

今回ググっている中で、青森県は寺社仏閣と温泉の関わりが深いという記事を見つけました。

温泉で身を清めてから参拝に行くというのは、ははぁ、なるほどと思いましたね。

 

 

青森県北津軽郡板柳町大俵和田422-3(地図

0172-77-2155

7:00-21:00

400円

 

JUGEMテーマ:天然温泉